抗生物質ジスロマックの妊婦への投与時期と適応症

ジスロマックを服用する期間を子供の為に考える妊婦
ジスロマックは、マクロライド系に分類される抗生物質であり、人間の粘膜細胞を通じて性器クラミジア感染症などを引き起こす真性細菌の蛋白合成を阻害する事により抗菌作用を発揮する蛋白合成阻害薬として、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎などの治療に用いられています。更に、インフルエンザの症状緩和や患部組織の抗炎症、人間の細胞を傷付ける活性酸素の生成抑制、化膿止めなどの目的でも用いられています。ジスロマックの作用機序としては、真性細菌の70Sリボソームの50Sサブユニットに作用する事で、蛋白合成のポリペプチド鎖の形成に必要な塩基配列情報の伝達システムに障害を引き起こし、蛋白合成を阻害し真性細菌の増殖抑制効果及び死滅効果を発揮します。ジスロマックは、同じマクロライド系のエリスロマイシンに窒素を組み込むんだアジスロマイシンを中心に様々な成分と共に徐放性を有するマイクロスフェアにより製剤されています。ジスロマックは、上部消化器官で消化液の影響を受けて消化吸収される事無く小腸で長時間かつ安定的に医薬成分が放出される事により、非常に長い血中半減期と患部組織内の医薬成分濃度が血中濃度10倍~100倍に高められている事により、1回の服用で7日間程度医薬効果が維持出来る様に改良されています。その為、性器クラミジアの治療ならば、アジスロマイシン力価で1,000mgを1回服用するだけで完了します。性器クラミジアは、感染後1週間~3週間の潜伏期間を経て発症し、男性の発症初期は排尿痛や尿道の痒み、不快感など比較的軽い症状が見られ、精巣上体炎や前立腺炎、血精液症などから無精子症や乏精子症など男性不妊症になる事もあります。女性の場合は、おりものの変化や不正出血などの症状がみられる事もありますが自覚症状がほとんど無いケースが多く、子宮頸管炎や卵管炎、骨盤腹膜炎などを引き起こし不妊症の原因となります。特に妊婦の場合は、自覚症状が乏しい為に妊婦検査や出生前診断などで感染に気付く事が多く、適切な処置が遅れ絨毛膜羊膜炎を引き起こし前期破水や過剰な生理活性物質プロスタグランジンによる早産のリスクが高くなります。しかし、性器クラミジアへの感染が判明しても、妊娠4週目~妊娠20週目の時期は胎児の催奇形性や胎児毒性のリスクがある為投薬を避けますが、逆に妊娠30週目を過ぎた時期の治療は産道感染を予防する事が出来ず胎児が新生児結膜炎や肺炎などを発症してしまう為に、性器クラミジアの治療は妊娠20週目~妊娠30週目までの時期にジスロマックなどの抗生物質を投与して行います。

ジスロマックの関連記事

  • 性病は学会のサイトを見たり評判の良いジスロマックで

    避妊具を使わずに性行為を行うと、知らないうちにクラミジアの菌に感染し、発症することがあります。 この菌は、男性の尿道分泌物から女性の性器、または女性の性器から男性の尿道に感染するのが一般的ですが、オーラルセックスによっても感染するので、のどに発症する人もいます。 クラミジアは数ある性病の中でも、感染者が多いため、もしまだ症状がなくても、心当たりのある人は病院で検査を受けるようにしてください...

    インターネットを使って、日本性感染症学会のサイトを検索したパソコン
  • 口内炎や痩せる症状のHIV感染率低下にジスロマック

    ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質エリスロマイシンを改良したアジスロマイシンを主成分とする蛋白合成阻害薬です。作用機序としては、病原菌に必要なタンパク質の合成するリボソームのサブユニットと選択的に結びつく事で、ポリペプチド鎖の合成に必要なアミノ酸を転移させる転移RNAの働きを抑制し、蛋白合成の初期段階で過程の初期段階で阻害する効果を発揮し、淋菌やクラミジア・トラコマチス、マイコプラズマ属...

    HIVを連想させる細菌の画像
  • ジスロマックの倦怠感が何故副作用として起こるか

    ジスロマックは、細菌によって起こる感染症を治療する上で服用される薬で、クラミジアや淋病などの性感染症にも有効に作用します。感染した細菌が体中に増殖すると腫れや痛み、熱などの症状が起こりますが、それを服用することで腫れや痛みの症状が緩和し、熱なども抑えることが可能です。 その用法としては、病気の症状に応じて一日一回2錠から4錠の割合で服用し、症状によって用量や服用するタイミングも違ってくること...

    ジスロマックを服用して倦怠感を感じる女性
  • 膠原病の二次感染予防や治療にジスロマックと避妊具

    膠原病は、全身の複数の臓器の機能障害をもたらす疾患群の総称であり、血液中の抗体が自分の細胞で構成されている免疫複合体が細胞組織に沈着したり、自分の組織を攻撃する事で発症するとされています。膠原病は、一連の自己免疫機能の異常により、発熱や倦怠感などの全身性炎症性疾患、関節炎や結節性多発性動脈周囲炎などの多臓器疾患、慢性疾患、結合組織のフィブリノイド変性、自己免疫疾患などの症状に加え、免疫機能が著...

    ジスロマックを服用して病気を治し、今後はしっかり避妊具を利用することを深く心に決める女性
  • 抗生物質ジスロマックの妊婦への投与時期と適応症

    ジスロマックは、マクロライド系に分類される抗生物質であり、人間の粘膜細胞を通じて性器クラミジア感染症などを引き起こす真性細菌の蛋白合成を阻害する事により抗菌作用を発揮する蛋白合成阻害薬として、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎などの治療に用いられています。更に、インフルエンザの症状緩和や患部組織の抗炎症、人間の細胞を傷付ける活性酸素の生成抑制、化膿止めなどの目的でも用いられています。...

    ジスロマックを服用する期間を子供の為に考える妊婦
  • ジスロマックが効くクラミジアの出血と疲れによる再発

    性器クラミジアは、第4の性病と呼ばれる鼠径リンパ肉芽腫やクラミジア結膜炎などを引き起こすクラミジア・トラコマチスの亜種D型~K型が病因菌とされ、男性は尿道炎や前立腺炎、副睾丸炎を発症します。女性は、不正出血やオリモノの異常、下腹部の違和感、性交痛などの自覚症状があるケースは少なく、ほとんどが自覚症状が無い為に適切な処置が遅れ、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを発症し、将来辛い思い...

    過剰なストレスと疲労で目頭を押さえる男性