ジスロマックは子供も服用出来る医薬品?

子供が大きくなっても自分が服用しているジスロマックを使えることを知り喜ぶ女性 ジスロマックは、胎児への医薬効果が軽減出来るとされる妊娠5カ月~7カ月中頃まで出産時の性器クラミジアの産道感染を予防する為に治療薬として用いられてる安全性が高いと評価されている蛋白合成阻害薬です。小児に治療に対しては、体重1kgあたりアジスロマイシンの力価で10mgを1回の服用量として処方しますが、1日の最大服用量はアジスロマイシンの力価で500mgが上限とされています。ジスロマックは、肝臓で代謝後数日で医薬成分のほとんどが体外に糞尿として排泄され、体内の主要な臓器に蓄積される事が無いので重篤な副作用や副作用自体の発生頻度が軽減されています。又、ジスロマックは、14員環マクロライド系のエリスロマイシンにN原子を結合させたアジスロマイシンに徐放性の特殊製剤法を施した事により、胃液や胆汁などの消化液の影響を上部消化器官で受ける事が抑制され、腹痛や吐き気、嘔吐、食欲不振などの上部消化器官の軽微な副作用も軽減されています。加えて、アジスロマイシンは、血中半減期が68.1時間と非常に長くなっている事や感染細胞内の医薬濃度が血中濃度の10倍~100倍と高い為、1日の服用回数や1回の服用量が軽減されているので、同じマクロライド系のエリスロマイシンやクラリスロマイシンなどの治療薬に比べ子供が服用するには適しています。又、ジスロマックは、ペニシリン系の抗生物質に比べアレルギーを発症するリスクが少なく、ペニシリン系の抗生物質やセフェム系の抗生物質に対してアレルギーの既往歴の感染患者にも投与出来、薬物代謝酵素チトクロームP450との結合力が弱いので他の薬物との薬物間相互作用も少なく子供が服用にするにはとても安心な治療薬です。蛋白合成阻害薬には、マクロライド系以外にもテトラサイクリン系やアミノグリコシド系、クロラムフェニコール、リネゾリドなどの抗生物質があり、クラミジア菌の増殖時に菌細胞の細胞質内の50Sサブユニット23SリボソームRNAと結合する事により、伝令RNAの遺伝子情報を転写した転移RNAの働きを阻害して、蛋白鎖の伸長を抑制しクラミジア菌の増殖を阻害します。又、ジスロマックは、真菌の蛋白質を阻害する効果だけで無く、炎症部位や患部細胞5種類ある白血球の1種である好中球が炎症部位や患部細胞への集中を抑制する抗炎症効果や身体の様々な細胞に損傷を与える活性酸素の生成を阻害する効果もあるとされています。

性病に対してジスロマックの効き目は?治療期間は?

ジスロマックは性病に対してどのような働きをするのか考える男性 性病には、クラミジア・トラコマチス菌による性器クラミジアや鼠径リンパ肉芽腫、淋菌による淋病、梅毒トレポネーマと呼ばれる螺旋状菌による梅毒、ヒトパプローマウイルスによる性器ヘルペスや尖圭コンジローマなどがあります。しかし、ジスロマックは、全ての性病に対して強力な医薬効果を示す事は出来ず、菌による性感染症である性器クラミジアや鼠径リンパ肉芽腫、淋病、梅毒に効果があるとされていますが、梅毒に関してはより強力な医薬効果を示すペニシリン系の抗生物質アモキシシリンやペニシリン系の抗生物質にアレルギーのある場合にはテトラサイクリン系の抗生物質ドキシサイクリンなどが投与されています。ジスロマックは、人間の細胞内でタンパク質の合成を行う80Sリボソームとは形の異なる菌類の70Sリボソームのサブユニットに洗濯的に作用する事で、メッセージRNAに基づき蛋白合成に必要なアミノ酸を転移させるトランスポーターRNAの働きを抑制し、蛋白合成を初期段階で阻害する効果を示します。その結果、クラミジア・トラコマチスや淋菌などの性感染症の病原菌の増殖を阻止し、体内の病原菌を死滅させる効果が期待出来ます。又、ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質エリスロマイシンに窒素を付加した主成分アジスロマイシンに徐放性を有するマイクロスフェアを施した事により、68時間を超える血中半減期や血液濃度の10倍~100倍にも及ぶ感染組織内の医薬成分濃度を可能とし、少量でも長時間にわたり十分な医薬効果を持続させます。その為、性器クラミジアや淋病の治療ならば、アジスロマイシン力価で1,000mgを1回服用するだけで治療を終える事が出来ます。しかし、服用後に体内の病原菌が完全に死滅したかの確認が必要なので、5日~10日程度の治療期間が必要です。第4の性病と呼ばれた鼠径リンパ肉芽腫の治療には、ジスロマックなどのマクロライド系やテトラサイクリン系、ニューキロノン系の抗生物質を3週間~4週間程度投与する必要があります。クラミジア・トラコマチス菌や淋菌は、ヘルペスウイルスとは異なり免疫力の低下で再発する事はありませんが、ジスロマックは医薬効果が強く症状の改善が実感出来る為、体内の病原菌を完全に死滅させる前に自己判断で治療を中断する患者が多く再発してしまう事があるので、治療の仕上げとして体内の病原菌の死滅を医療機関で確認する必要があります。

ジスロマックの関連記事

  • 抗生物質ジスロマックの妊婦への投与時期と適応症

    ジスロマックは、マクロライド系に分類される抗生物質であり、人間の粘膜細胞を通じて性器クラミジア感染症などを引き起こす真性細菌の蛋白合成を阻害する事により抗菌作用を発揮する蛋白合成阻害薬として、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎などの治療に用いられています。更に、インフルエンザの症状緩和や患部組織の抗炎症、人間の細胞を傷付ける活性酸素の生成抑制、化膿止めなどの目的でも用いられています。...

    ジスロマックを服用する期間を子供の為に考える妊婦
  • ジスロマックが効くクラミジアの出血と疲れによる再発

    性器クラミジアは、第4の性病と呼ばれる鼠径リンパ肉芽腫やクラミジア結膜炎などを引き起こすクラミジア・トラコマチスの亜種D型~K型が病因菌とされ、男性は尿道炎や前立腺炎、副睾丸炎を発症します。女性は、不正出血やオリモノの異常、下腹部の違和感、性交痛などの自覚症状があるケースは少なく、ほとんどが自覚症状が無い為に適切な処置が遅れ、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを発症し、将来辛い思い...

    過剰なストレスと疲労で目頭を押さえる男性
  • 銭湯での性病感染にも嘔吐が少ないジスロマック

    ジスロマックは、抗生物質アジスロマイシンや特殊製剤法マイクロスフェアを採用した事で、従来の同種の治療薬の問題点であった嘔吐や胃痛、食欲不振などの主に胃腸に現れる副作用を軽減し、医薬成分の高い移行性や患部組織内の高い医薬成分濃度、長時間の血中半減期により少量の医薬成分でも十分な医薬効果が得られる為、服用量や服用回数が軽減され副作用の発生頻度も非常に低く安全性の高い抗生物質と評価されています。又、...

    銭湯の画像
  • 強い薬?ジスロマックの副作用は大丈夫?

    ジスロマックは、クラリスロマイシンと同様に肺炎球菌や溶血連鎖球菌グラム陽性菌、インフルエンザ菌、クラミジアなど幅広いスペクトラムを有する非常に医薬効果の高いマクロライド系の抗生物質であり、特に性器クラミジアの治療に有効とされ、1回の複葉で治療を完了する事が出来ます。この抗生物質は、アルツハイマー型認知症の原因と考えられている活性酸素の生成を抑制する効果や患部への好中球の集中を抑制する抗炎症効果...

    ジスロマックが強い薬と聞き、服用しても大丈夫か悩む女性